見て感じたり、体験して感じた今日の出来事

ikasashi.exblog.jp
ブログトップ

10年経ってハンカチの木が花を咲かせました。

いつもの様に、百合が原公園でランニングをしていると、「ハンカチノキが咲いています」
との案内板を発見、早速その木を見に行くと次から次と見学者が訪れていました。
後で妻に聞くと、私が住んでいるすぐ近くの百合が原公園で「ハンカチの木」が10年目で
花を咲かせている事が、テレビのニュースで取り上げられているのを3回も見たと言う。
インターネットで検索すると、以下の事が書かれていました。
「この木の白いハンカチのように見える部分は葉が変形した苞(ほう)で、生長の過程
で緑色から乳白色に変わって葉の間から垂れてみえる様が、ハンカチが風になびくように
見えることからこの名がついたといわれている。
また、花をつけるまでに10~15年くらいかかることから、花をつけるハンカチの木は珍しい」
との事。 そしてこの花は風に弱く、ハンカチ部分が風に飛ばされることが多いため、北海道
での見頃は5月中旬~6月上旬と期間は短いようだ。

ハンカチの木(はんかちのき)

大桐(おおぎり)科 (水木(みずき)科、またはハンカチノキ科の落葉高木
中国の固有種で、桐(コントン)と呼ぶ
日本では「ハンカチの木」とか「幽霊の木」とか呼ばれ、英語では"Dove tree"
(鳩の木)などという

いかさしのHPへ
f0151515_16571074.jpg
f0151515_16582294.jpg

f0151515_16592598.jpg
f0151515_16595889.jpg
f0151515_1703621.jpg
f0151515_1705234.jpg
f0151515_1711100.jpg
f0151515_1711011.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2009-05-30 17:01 | つれづれ