見て感じたり、体験して感じた今日の出来事

ikasashi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:つれづれ( 120 )

栗山監督パ・リーグ制覇、栗山町パレード

いかさしのHPへ

町民感動パレードの短編動画

さる12月22日(土)に北海道日本ハムのパ・リーグを制した祝賀パレードが
栗山町で行われました。JR栗山町の駅前通り500mには6,000人もの人が
熱狂的にお祝いに駆けつけました。心の篭った栗山町の主催者の演出で、
私の心もつい熱くなったのでした。町内の野球少年団の小学生が引っ張る
軽トラックは栗山町ならでのパフォーマンスで心が揺さぶられたのは私だけ
でなかったと思います。
ビデオは2時間くらい撮ったのですが、その触りを5分ものにしたものを是非
見て頂きたいと思っています。

f0151515_20392326.jpg

f0151515_204052.jpg

f0151515_20401325.jpg

f0151515_2041486.jpg

f0151515_20405556.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-12-26 20:41 | つれづれ

道庁赤レンガでほっかいどう学を学ぶ会研究発表会に参加

いかさしのHPへ

11月18日(日)、道庁赤レンガでで第7回ほっかいどう学を学ぶ会
研究発表会がありました。今回も3名の方が「私の地図学び 地図から
教わる時代の流れ」「札幌市北区新川・新琴似開拓の歴史」「夕張川筋
のアイヌの歴史と文化」其々の研究の成果を真摯に発表していました。

この日は生憎の雪で、可成り寒い日でしたが、電気工事のせいなのか
暖房が止まり、皆様オーバー等をはおり寒々とした環境でも熱心に聞き
入っていました。

それから、学ぶ会顧問の合田一道氏の講演「古文書にみる北の歴史が
動いた瞬間」の最中に停電になるというハプニングが続きました。停電は
20分くらいも続いたでしょうか、寒さと暗闇でまさかこんな事態に見舞わ
れると誰が想像したでしょうか?

主催者の「暫し回復までお待ちください」との再三の声かけと何といっても
ここに集まる人の忍耐と冷静さで誰一人苦情も言わないことが自体の推移
をスムーズに解決に向かわせました。詳しい事情は分からなかったのです
が、後40分位は電灯だけ灯るとのアナウンスで至極当然の様に会が再開
してくれたのには皆様ホッとしました。叉、講演者が予期しなかった自体にも
めげず、講演を短縮して大変だったろうと思い、今日の内容をしっかり自分
の心に打ち込もうと願ったのでした。

【下の写真は殆ど5月26日に撮ったものです】

f0151515_21102886.jpg

f0151515_21105753.jpg

f0151515_21111414.jpg

f0151515_2111379.jpg

f0151515_2111454.jpg

f0151515_21121067.jpg

f0151515_21121745.jpg

f0151515_21123771.jpg

f0151515_21124173.jpg

f0151515_2113325.jpg

f0151515_2113971.jpg

f0151515_21133064.jpg

f0151515_21133374.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-11-26 21:13 | つれづれ

7年目の我が家を全面塗料で仕上げました。

いかさしのHPへ

ここを終の棲家と決めてもう7年目となりました。これからも末永く
気持ちよく住みたいので、屋根や外壁を良心的で腕の良い塗装の
会社にお願いしました。

お天気も悪い日もあり、この様な家模様が1週間程度続きましたが、
最後には見事な出来栄えでとても満足しています。

今の時期では塗装効果が良くない塀と燃料タンクの塗料は来年に持ち
越しました。

f0151515_21131611.jpg

f0151515_21133987.jpg

f0151515_21135710.jpg

f0151515_2114832.jpg

f0151515_2114236.jpg

f0151515_21144159.jpg

f0151515_21145985.jpg

f0151515_21151320.jpg

f0151515_21152684.jpg


a href="http://park17.wakwak.com/~ikasashi/" target="_blank">いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-11-21 21:14 | つれづれ

庭の冬囲い

いかさしのHPへ

札幌も明治の観測以降、2番目に遅い「初雪」も11月18日、
観測されました。ようやく寒い冬の到来です。

我が家では既に11月10日に冬囲いを終えていましたので、
逞しい植物達は今年も寒い冬を耐え忍ぶものと確信してい
ます。
ちょっと、寒そうな冬囲いですが、彼等の生命力で冬を難なく
越して欲しいと願う今日この頃です。

f0151515_20183738.jpg

f0151515_20192227.jpg

f0151515_20191824.jpg

f0151515_2019554.jpg

f0151515_20195135.jpg

f0151515_202027100.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-11-19 20:29 | つれづれ

2012年さっぽろ雪まつり閉幕しました。

いかさしのHPへ

第63回さっぽろ雪まつりが7日間の期間を終え、昨日(2/12)閉幕した。
私の家の近くのつどーむ会場には最終日に訪れ、大勢の子供たちが
歓声を上げている姿をたっぷり見ました。

雪まつりの案内ホームページには

○屋外会場・・・雪や氷のすべり台など、屋外だからこそ楽しめる
冬の遊び満載の企画を実施します。

○屋内会場・・・全天候型のドーム内で天候に左右されずに楽しめる
企画を実施します。ステージイベント、ふれあい参加型イベントなど、
盛りだくさんに楽しめます。また、北海道ならではのグルメを提供
します。

と書かれていました。

ここでは屋外会場の一端を紹介します。

屋外会場は、立っているとブルブル震える冷え々して且つ吹雪の中で
の開催でしたが、元気な子供達はどこ吹く風でタイヤ滑り・竹スキー・
氷の滑り台・わくわくスライダーそしてスノーラフトなどで遊んでい
ました。ここでの遊びの2/3位は私達の子供時代にはごく普通の遊び
でしたが、最近は殆ど見ることが出来ません。車社会に成り道路での
遊びは出来ず、雪の坂遊びも危険で出来ない環境にあります。でも、
ここでの子供たちの喜んで遊んでいる姿を見ると、何か心に痛みを
感じます。何とか”モエレ山”の様なところがもっとあれば年少の
子供達はどんなに喜ぶか手に取るように推察出来ます。

屋内会場ではさよならステージを見ても、去年は外国の子供たちも
大勢いたのに、この日は全く居ませんでした。天候も不順だったの
で、ここまでわざわざ足を運ばなかったのだと思いますが、ちょっと
寂しい気分になりました。

f0151515_21494034.jpg

f0151515_21495638.jpg

f0151515_2150662.jpg

f0151515_21502538.jpg

f0151515_21504220.jpg

f0151515_2151770.jpg

f0151515_21512986.jpg

f0151515_21514966.jpg

f0151515_2152846.jpg

f0151515_21523175.jpg

f0151515_2153325.jpg

f0151515_21532730.jpg

f0151515_2154442.jpg

f0151515_21542022.jpg

f0151515_21544122.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-02-13 21:54 | つれづれ

第32回すすきの氷の祭典開幕!

いかさしのHPへ

昨日(2/6)お昼休みは大通公園の雪像を一通り見たので、勤務終了後は
すすきのに直行して、第32回すすきの氷の祭典を見学しました。

会場に着くと午後6時から開会セレモニーが行われるとの事でしたので、
10分くらいお付き合いをしました。外国の領事館の方とかすすきの祭典
を応援している名士の方々が大勢来ていました。が、私が少し興味を持
ったのは初めて見る”2012年すすきの氷の女王”はどんな方なんだろう
との思いが有りました。氷の女王は二人ともクラブにお勤めの20,22歳
の若さ溢れる方でした。この女性達の活躍ですすきのが嘗ての輝きを
取り戻し、昔のように繁盛するきっかけになる天使であれと願いました。

氷の彫刻は地元の調理師の芸術性の結果であり、幻想の世界を創り出し
我々の目を楽しませてくれます。この氷像は外国人の方が相当お気に
入りなのか必死に写真を撮りまくっていました。中にはビデオカメラ
で氷像を撮ったり、そのビデオを竿見たいなもので釣り上げ自分に向
けスピーチでなにやら其の場を解説している様子を見て、そのバイタリティ
に感心しつつも、これは俄か微笑みました。これは、真似しても価値が
有りそうとの確信を得ました。

叉、こんな氷像を作るのに普段どんな修行を積んでいるのかなと思ったり
で、楽しい1時間はあっという間に過ぎて、急いで家路に着きました。

f0151515_21105377.jpg

f0151515_21111160.jpg

f0151515_21112696.jpg

f0151515_2111421.jpg

f0151515_2111571.jpg

f0151515_21121288.jpg

f0151515_21123259.jpg

f0151515_21125748.jpg

f0151515_21131622.jpg

f0151515_21134024.jpg

f0151515_21135799.jpg

f0151515_21141163.jpg

f0151515_21142911.jpg

f0151515_21144238.jpg

f0151515_2115079.jpg

f0151515_2115598.jpg

f0151515_21161397.jpg

f0151515_21162576.jpg

f0151515_21164425.jpg

f0151515_2117084.jpg

f0151515_21171861.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-02-07 21:17 | つれづれ

第63回さっぽろ雪まつり開幕!

いかさしのHPへ

昨日(2/6)、真冬の祭典「第63回さっぽろ雪まつり」が開幕されました。
開催されている大通公園は勤務している職場から直ぐの所ですので、
昼休みにどんなものかと物見遊山で駆け足で会場を一通り見て来ました。

思っていた以上に大勢の方々が雪像にカメラを向けて歓声を上げていて、
多くの外国人も何処から来たのかと思うくらい多彩な面々で国際色豊か
な催しで地元の人は余り興味を示さないけど、来ているお客様は
とっても気持ちよさそうに見学しているのを見ると、心嬉しくなります。

昼休み時間なので、どこの食べ物ブースでも大賑わいで、結構経済の
活性化になったいるようだし、美味しいものでお客様を大いに持てなし
て満足させて欲しいなと思ったのです。

只残念なのは、昨日今日と毎年厳冬下でのゆき祭りでなく、温度が5〜6℃
になって雪像の雪が緩んだのか「初音ミク」の高さ約3メートルの雪像
が倒壊して、通行人が怪我をしてしまった事です。この雪像は私が見た
初日はまだ健在だったので、最下段に掲載して入る通りカメラに収める
事が出来ました。明日(2/8)から冬型の厳しい寒さになるようでホッと
している自分がいます。暖かい所からお出でになった方には気の毒です
が、雪がちらつき寒さの中でこそ”ゆき祭り”らしい演出が醸しだされ
ます。

今回の事でゆき祭りが停滞する事なく、最終日の12日まできめ細かな
運営で今年も成功裡に終わるよう実行委員会の益々の奮起に期待した
いものです。

f0151515_20435082.jpg

f0151515_20442848.jpg

f0151515_2044526.jpg

f0151515_2045118.jpg

f0151515_20452871.jpg

f0151515_20455350.jpg

f0151515_20462339.jpg

f0151515_20464458.jpg

f0151515_2047340.jpg

f0151515_20473075.jpg

f0151515_20475122.jpg

f0151515_2048960.jpg

f0151515_20482551.jpg

【倒壊して、通行人が怪我をした「初音ミク」の高さ約3メートルの雪像】
f0151515_2121539.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-02-07 20:48 | つれづれ

2012年恒例の新年旗開きが開催されました。

いかさしのHPへ

1月13日(金)に恒例の新年旗開きが開催されました。この日は午後年休を取り、
札幌市北区にある札幌サンプラザコンサートホールで北区防火・防災セミナーに
出掛けて、札幌市消防音楽隊の演奏を聴き終えて途中で中座して、会場の食堂
に駆けつけた次第です。

何故、セミナーを最後まで参加しないで駆けつけたのか?と思うと、自分の担当
の若手社員が鏡割りをやると聞いていたのでその瞬間をカメラに収めたいという
ことと、何と言っても樽酒をたらふく飲めるのは年に1回しかなく、この機会を逃す
まいとする貧乏根性でした。

250名以上も居た会場でしたが、樽が去年は3樽でしたが酒が相当余り、今年は
2樽に減りました。それでも飲む人は多くなく最後まで余り気味で、樽生の呑み助
の我らは我が世の春でして、私なんか枡で5〜6杯は飲んだと思います。周りの
皆様も、お酒で赤ら顔の方が私だけでなく相当数いたのは事実です。ほろ酔いの
楽しいひと時でした。

2012年の干支は「壬辰(みずのえたつ・じんしん)」。
辰年の年男・年女は、
1904年(明治37年)、1916年(大正5年)、1928年(昭和3年)、1940年(昭和15年)、
1952年(昭和27年)、1964年(昭和39年)、1976年(昭和51年)、1988年(昭和63年)、
2000年(平成12年)生まれの皆さんです。

ここの鏡割りに参加している方々は、さてどの年代なのかと考えたのですが、
1988年(昭和63年)は直ぐ分かりましたが、後は良くわかりませんでした。

叉、樽酒を注ぐのは殆どの皆様が幸せそうな顔つきで、とても印象的でした。

f0151515_22234488.jpg

f0151515_22235771.jpg

f0151515_2224833.jpg

f0151515_22241999.jpg

f0151515_22243062.jpg

f0151515_22244052.jpg

f0151515_22245086.jpg

f0151515_2225051.jpg

f0151515_22252211.jpg

f0151515_22253975.jpg

f0151515_22254961.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-01-18 22:25 | つれづれ

モエレ山にて子供たちが雪遊びに熱中

いかさしのHPへ

ここ”イサム ノグチ”氏が設計したモエレ沼公園に標高62mの人口山に
毎年1月上旬頃から子供たちがこの雪山に多数集い、雪遊びの歓声を発
します。親御さんも一緒になってそり遊びやスキーに来ます。訪れた1月
9日は少なかったのですが、"タイヤ滑り"も大流行りです。

冬場はスキーは殆どスキー場のゲレンデで滑り、そり遊びは今はすっかり
影が薄くなり、私の子供の頃には遊びの主流だったそり遊びや竹滑りなど
は普段は殆ど見かけることは有りません。

ですけど、ここモエレ山ではこれらが盛んなので子供時代にタイムスプリット
した気分になります。
滑りが圧巻な”タイヤ滑り”は大人でも大いに楽しむことが出来るようで、見て
いるだけでなく、やってみたい気分になります。

f0151515_2312167.jpg

f0151515_23122924.jpg

f0151515_23124184.jpg

f0151515_2312544.jpg

f0151515_2313998.jpg

f0151515_2313236.jpg

f0151515_23133824.jpg

f0151515_23134933.jpg

f0151515_2314310.jpg

f0151515_23141463.jpg

f0151515_23143990.jpg

f0151515_23153143.jpg

f0151515_23154362.jpg

f0151515_2315557.jpg

f0151515_23162194.jpg

f0151515_23163285.jpg

f0151515_23164385.jpg

f0151515_23165656.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-01-16 23:17 | つれづれ

今日は超寒いです。

いかさしのHPへ

今日の札幌地方は1日中-5〜-9℃の温度で、寒かったです。

今週の9日の成人の日にモエレ沼公園で1時間半、クロスカントリースキー
の練習で汗をかきました。その後に、モエレ山で子供たちのスキー遊び等
のスナップ写真撮り(次回のブログに掲載予定)に30分位夢中になり、体が
すっかり冷えてしまいました。

翌日から、早速体が熱っぽくなったり、寒気がしたりで散々です。それに
今日の寒気ですから流石の私も2日続きで9.3kmの帰宅ランも取り止め
体の内からと日本酒で体を温めたり(#^.^#)、貼るホッカイロのお世話
で腹を暖めたり、部屋でジャンジャンストーブを点けっぱなしで暖をとって
います。

下の写真は1月7日に撮った、家で育てているセリと家の周りの様子です。
今日は11日で、雪は当時から更に30cm以上は積み上がったと思われ
ます。

f0151515_21241830.jpg

f0151515_21243826.jpg

f0151515_21245291.jpg

f0151515_212551.jpg

f0151515_21252346.jpg

f0151515_21253952.jpg

f0151515_212556100.jpg

f0151515_2126790.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2012-01-11 21:26 | つれづれ