見て感じたり、体験して感じた今日の出来事

ikasashi.exblog.jp
ブログトップ

カリンズは今が食べ頃です。

カリンズの別名はフサスグリ(房酸塊)でスグリ科の植物。ヨーロッパ原産。果実の色が
赤色の系統をアカスグリ(赤すぐり、レッドカーラント)、白色の系統をシロスグリ(白すぐり)
と呼ぶ。黒色のクロスグリ(カシス)は別種であると、フリー百科事典に書かれていました。

我が家のカリンズは今が食べ頃で、ここ1週間毎日採って洗いもせず、その場で食べ
ます。青いのは一寸酸っぱいのですが、熟すとやや甘くなり口元がシャキッとして、
とても新鮮な味がします。人によっては、ジャムにして、パンやヨーグルトに乗せて食
べたりしますが、私は砂糖など何も掛けないで、洗いもせずそのまま食すのが一番
美味しいと思っています。まだ、可なりの量があるし、家族は誰も食べないので一人
独占して、後1週間は楽しめそうです。私にとっては大事な初夏の味覚を堪能して、
いよいよ熱い夏場を迎える為のビタミン補給源となり、元気になる貴重な食料です。

いかさしのHPへ
f0151515_2035781.jpg

f0151515_20354439.jpg
f0151515_20361530.jpg
f0151515_20362586.jpg
f0151515_20363299.jpg
f0151515_20364230.jpg


いかさしのHPへ
[PR]
by ikasashi2007 | 2009-07-10 20:39 | 家の収穫物